神田の出張マッサージを利用しました

Last Updated on 2024年5月26日 by admin

神田の出張マッサージを利用しました
フィットネスジムに通い始めて筋トレをするようになって上半身から下半身まで全体的に筋肉が張ってしまい立っているのが辛い状態になってしまいました。帰宅したのが夜でしたので神田出張マッサージを利用して上半身から下半身までマッサージしてもらおうと思いました。

店舗型のマッサージ店でマッサージを受ける時は60分コースですが、今回は上半身から下半身までの筋肉の張りが強いので長めの120分コースでマッサージを受けようと思いました。それで神田出張マッサージの依頼の電話をしたら120分コースは待ち時間なしという事でしたので予約をしました。

電話で予約をしてから30分ぐらいでセラピストが自宅に到着しました。それでセラピストを部屋の中に案内して施術代の20000円を支払った後に上半身から下半身までの筋肉の張りが強いという事を伝えました。するとセラピストが少し強めでマッサージした方がいいと言ってきたのでお願いしました。

マッサージの施術が始まって最初に肩、背中、腰など上半身をマッサージしてもらいその後に太ももやふくらはぎなど下半身をマッサージしてもらいました。少し強めにマッサージしてもらったので終わった後はすごく筋肉がほぐれて楽になりました。またすごく気持ち良かったのでまた体に疲労が溜まったら神田出張マッサージを利用しようと思いました。
神田でご希望の出張マッサージならエステがさらにお得な場合がある

神田エリアで味わえる東京の様々な魅力

神田エリアで味わえる東京の様々な魅力
神田駅というと、東京駅からそう離れていないのに、一気に庶民イメージがつく町です。出張時のビジネスホテルを探すにしても、神田周辺になると一気にリーズナブルな選択肢が増えます。居酒屋さんも安くておいしいところが各路地に散見され、サラリーマンにとって重宝できる街です。なかでも千両箱というお店は、魚が本当に豊富で新鮮です。しかも安い。こんなお店がたくさんその近辺に見られます。
一方で、江戸の情緒を残し、古くからある地名が見られるのも特徴で、神社も数多く点在しています。少し歩くと神保町やお茶の水にもすぐ出られますので、サラリーマンだけでなく、古くから大学生も足を運んだ町ではないでしょうか。
神田駅北口から神田金物通という道を西へたどっていくと、やがて皇居のお堀につきあたります。その道筋には高校や学士会館、如水会館などがあり、大手町のビルも間近に見えてきます。この落ち着いたエリアと、駅に近いエリアの活気とせわしなさ、そして大手町のスピードや効率というイメージのいずれもが東京の様子を表していると言えるでしょう。神田エリアを歩くだけで、その体験は一度にできることになります。加えて、神保町の方面に行くととくに、レトロな喫茶店も登場します。時間のゆったりさを味わうには、こちらに足を延ばすのもいいかもしれません。